そして、明日につづく

事務職母の、日々の生活(単身赴任の夫+2歳の娘)

ビッツァーのエプロンを作る

IKEAでレジのおもちゃを買って以来、自分の店(○○ちゃんストア)を作り上げることに喜びを見出した娘。

ヨーグルトやプリンの容器を洗って渡すと「新しい商品が入荷したね!」と言い、ひとつ4円で販売している。

(娘の設定する価格は1円、4円のいずれかであることがほとんどだ。

1円はともかく、なぜ4円なのかはよくわからない。)

 

取り扱い商品が充実し、商品の配達も始まり、ついには店員の増員を計画し出した。

「ねぇお母さん、レジの係がいたらいいと思うんだけど」

「ワンワンもエプロンして、レジの係して欲しかった」

近所のスーパーで働く人たちが皆エプロンを着けているのを見て、

商店で働くにはエプロンを着けるべきと思ったようだ。

そして、娘は希望、願望を言葉にするとき、過去形で言うことが多いのがおもしろい。

してほしかったのに、結果として今、希望通りになっていないということか。

 

そんな娘の希望を叶えるべく、ダイソーで購入したフェルトと、処分したカーディガンの予備のボタン、

同じく処分したパジャマのウエストの紐を使い、簡単なエプロンを作ってみた。

 

f:id:yukiyama91:20181209235532j:image

娘の好きなうすむらさきいろのエプロン

 

f:id:yukiyama91:20181209235605j:image

紐を結ぶ練習でもしてくれたらいいな

 

保育園の行事と、夫の買い物と、義理の両親を招いての娘の誕生会、その準備と送迎の合間に、

というか日曜日の夜に大急ぎで作ったエプロン第1作目。

娘は夫と眠っているので、反応はまだわからないけど、

このビッツァーが店員として娘ストアで採用されたら嬉しい。

 

娘とわたしの一週間

2018年10月22日(月)〜28日(日)

 

10/23(火)

娘の咳がひどく、保育園を休んで小児科受診。

医師に5ヶ月ぶりだね、と言われる。

苦手な洟吸いに大泣きしてシロップもらって帰宅。

わたしは自宅勤務、娘は「わんぱく・ぶっく」に精を出す。

 

10/24(水)

娘の風邪は少しずつ良くなってきているとは思うものの、今日も保育園休み。

わたしは自宅勤務、娘は「わんぱく・ぶっく」と「スティンキーとダーティー」を見て過ごす。

 

10月26日(金)

夫帰京。

わたしは友人と銀座で食事。

友人の手配でとてもリーズナブルなお店でゆっくり話せて楽しかった。

 

f:id:yukiyama91:20181029165925j:image

 

10月27日(土)

保育園の運動会。

娘は足が速かった。

その後公園に遊びに行き、一日中体を動かした。

 

10月28日(日)

夫とわたしの「部屋を片付けたい」欲が高まり、午前中は整理整頓。

子供部屋とキッチンがすっきりした。

午後は髪を整えて心身ともにスッキリ。

 

また新しい一週間をがんばろう。

怒りの先にあるもの

会社にはすぐ怒る人が何人かいて、その人達を見ていて思ったこと。

怒るって大量にエネルギー使うし、怒った人も怒りをぶつけられた人も後味が悪い。

どうでもいいことですぐに怒るのは自分のためにやめよう。

 

f:id:yukiyama91:20181017142030j:image

 

怒った先には何があるのか。

考えたけど、何もなかった。

 

東武博物館

三連休、夫が帰京できず、娘とマンツーマンでみっちり遊んだ。

晴れて気温が高く、出掛けるのを躊躇う朝だったけど、寝る前には「今日も楽しかったね」と言い合って眠りにつけたのでよかった。

 

娘がとても気に入っていた場所が東武博物館

http://www.tobu.co.jp/museum/

 

東武博物館の良かったところ

東向島駅に隣接していて場所がわかりやすい

・入館料が安価(大人200円、こども100円)

・混雑が激しくない(でも賑わっている)

・休憩コーナーがあって、好きに飲食できる

・こども用トイレ、おむつ用ごみ箱がある

・近くの「尾張屋」というお店は、こども連れを優先して2階のお座敷に通してくれるようで、とても過ごしやすかった

 

f:id:yukiyama91:20180717001114j:image

 

2歳半の娘は、実物車両のハンドルを握りレバーを動かし、運転士気分を堪能したようだった。

少し年上の男の子が「青森まで行って!」「次は函館ね!」なんて一緒に遊んでくれたのも嬉しかったようす。

外出すると、優しく相手してくれる年上の子が現れてくれて、心からありがとうと思う。

娘も小さい子には特に優しく接するようになるといいな。

 

娘は館内を大いに堪能して、帰りの電車ではぐっすり眠っていた。

帰宅後も「まだ寝る」と宣言してしばらく寝ていたので、全身で楽しんでくれたのだと思う。

 

また楽しいところに行こう。

その前に、また明日から仕事がんばろう。

12月5日の弁当

f:id:yukiyama91:20161205144429j:image

・ごはんに梅干し

・マカロニのホワイトソース和え

・にんじんサラダ

・茹でブロッコリー

・プチトマト

・みかん

 

前の投稿から随分時間が経ってしまった。

 

入社以来お世話になり続け、社員の精神的支柱でもある上司が退職することになった。

夏に上司に真っ先に退職することを知らされてからは、実務も、気持ちの揺れもコントロールが難しく、毎日いっぱいいっぱいだった。

 

今月半ばにその上司の最終日を控え、もうジタバタしても仕方ないと諦め、自分のペースを大切にしたいなとやっとまた思えるようになって、今朝久しぶりに弁当の写真を撮った。

 

今月は、ずっと整理整頓したかった家の中を少しずつきれいにしたい。

 

わたしが会社でどんなに悶々とした時間を過ごしても、夕方になれば娘と過ごせて毎日幸せで、娘の存在の大きさを知った半年でもあった。

7月12日 6か月の娘の離乳食

f:id:yukiyama91:20160712220944j:image

・にんじんのお粥

・ミックス野菜豆腐

・キャベツと大根のとろとろ(片栗粉)

 

f:id:yukiyama91:20160712221102j:image

・ほうれん草と大根のお粥

・にんじんとじゃがいもペースト(ブロッコリーちょっこり)

 

朝晩とも全部食べてくれた。

でも、ひとつかわいそうなことをした。

レンジで温めたお粥が熱くて、お粥を口に入れた娘がびくっとしてちょっと泣いてしまったのに、すぐ泣いた理由がわからなかった。

温度に気をつけないといけないなと反省した。

7月12日 冷凍食品感謝祭

f:id:yukiyama91:20160712215705j:image

・ごはんにふりかけ

・甘辛ささみカツ

・ごまかぼちゃ

ブロッコリー

・プチトマト

 

ごはんとプチトマト以外冷凍庫から登場したもの。

朝、弁当に時間をかけられるかどうかは娘の起床時間次第。

今朝は娘が早めに起きてしまったので、自分の朝食も弁当も一旦保留にして、娘の離乳食を作って食べさせて、わーもうこんな時間!ってなった。

慌ただしいのだけど、充足感に満ちていて朝から幸せな気分で娘を保育園に連れて行って出社できる。

 

わたしが想像していたいわゆる育児と仕事の両立はもっとキツくて日々疲労困憊している日々だったのだけど、今のところそこまで辛くない。

体は確かに疲れていて、腰と膝がガクガクではあるけど、娘と一緒にいるのが楽しくて、明日が楽しみだなと思いながら眠りにつける。

 

今はただただ可愛がっていれば良いからこういう感じなだけで、躾とかしないといけなくなればまた違うんだろうな。